The Full Investment

株の配当金でセミリタイア生活がしたいのです…

SBI証券の米国貸株サービス

スポンサーリンク

貸株とは、保有している株を証券会社に貸し出すことで、貸株金利を受け取れるサービスです。

株は貸し出していますが、配当金もちゃんと受け取れるというなんともお得なサービスです。

日本株の貸株サービスを実施している証券会社はいくつかありますが、米国株の貸株は現在のところSBI証券のみのようです。

 

米国貸株サービスのメリット

f:id:tsubuinvestment:20170105192421p:plain

 

日本株の貸株では、配当金を「配当金相当額」という名の雑所得として支払われるというのが最大のデメリットとして挙げられます。

雑所得は税制上、総合課税の対象となり、損益通算もできないので非常に不利です。

そのため、配当金の権利確定日が近づいたら、一旦株を返却してもらう必要があります。

「それくらいやれよ」って思われるかもしれませんが、保有銘柄が多かったりすると、うっかり忘れちゃうこともあるでしょう。配当金の権利確定日に合わせて自動で返却してほしいものです。

 

SBI証券の米国貸株も同じようなものだと思っていたのですが、どうやら基本的には配当金を「配当所得」として支払ってくれるみたいです。

f:id:tsubuinvestment:20170105195015j:plain

SBI証券ホームページより

 

これは朗報ですね。うっかり雑所得で受け取らなくても済みそうです。

しかしこんな注釈もありました。

f:id:tsubuinvestment:20170105195454j:plain

SBI証券ホームページより

 

「例外的に配当金としてお支払いすることができない場合」ってなんだよ。そしてその例外はどれくらいの確率で起こるんだよ。

一抹の不安が残りますが、とりあえず私は全銘柄を貸株に出しています。

しばらく配当金が「配当金相当額」になっていないか注視したいと思います。

 

なにはともあれ、米国株でも貸株金利を受け取れるのはうれしいことです。「カストック」とかいう名前まで着いちゃってますし。

 

ちなみに日本株の貸株金利は0.1%が多いですが、米国株は0.01%が多いです。

安い・・・