The Full Investment

株の配当金でセミリタイア生活がしたいのです…

「セミリタイア」の定義とは?

このブログは、ブログ村の「セミリタイア生活」カテゴリにも登録しているので、私も一応「セミリタイア」という状態を目指しているわけです。

 

ただ、セミリタイアって具体的にどういう状態なのか、明確な定義はないですよね?

ということで、「セミリタイアとは何ぞや?」という疑問について、自分なりに少し考えてみようと思います。

 

 

セミリタイアについて考える前に、まずは「セミ」が付かない「完全な」リタイアの定義を考えてみましょう。

 

 

「完全な」リタイアとは…

 

  • 収入がなく(年金等を除く)、収入を得るための行動をしておらず、行動する意思もない

 

まあこれに当てはまるのは、定年退職して年金生活する人がほとんどでしょうか。

年金で足りなければ、貯金を切り崩すことになります。

こう考えると、定年前の早い段階で完全なリタイアをするには、相当の貯金がないと難しいですね。

 

あと、未来永劫全く働く気のないニートとか生活保護受給者なんかも当てはまりますかね…

 

 

じゃあ以上を踏まえて、セミリタイアの定義を考えてみます。

 

 

「セミリタイア」とは…

 

  • 企業等に雇われて働いていない(給与所得者でない)
  • 収入を得るための副業(投資、アフィリエイトなど)をしている、またはしようと考えている
  • その副業はほぼ趣味みたいなもので、ほとんど労力を要しない、もしくは本人が「労力」と感じていない

 

3つ目が曖昧ですね…

つまり、「雇われてあくせくと働く必要はないけれど、ある程度収入を得たり、社会との繋がりを持ったりするために、能動的に何かしている状態」とでも言うべきでしょうか。

なんか「経済的自立」という一言で片付く気もしますが… 

 

しかし、「給与所得者でない」と書きましたが、パートタイムで少しだけ働いているような場合はどうなんでしょ?

 

また、山に籠って完全に自給自足しているような人は何なのでしょうか。

これはなんか別カテゴリな気がしますね…

「仙人」もしくは「野人」カテゴリですか?

 

よく分からなくなってきましたね…

 

 

ちなみに私は会社を辞めて、今は週3くらいでバイトしてますが、セミリタイアの「セ」の字も感じられません。

バリバリ現役で働いている気分です。

まあ、生活のためにやってるわけですしね…

 

結局、セミリタイアなんていうのは、その人がそう思えば「セミリタイア」なのでしょう。

くだらない結論が出てきたところで、おわりにしたいと思います。