The Full Investment

株の配当金でセミリタイア生活がしたいのです…

株式投資はギャンブルなのか

スポンサーリンク

投資をやったことがない人はよく「株ってギャンブルじゃん」って言います。

こういった人たちはギャンブルが嫌いで、「株=ギャンブル」と思っているので、株式投資をしようとしません。

 

じゃあ「株はギャンブルではない」と説得すれば、彼らは株式投資をするのかと言うと、おそらくしないでしょうね。

株式投資にギャンブル要素があるのは事実なので、ギャンブル嫌いの時点でそもそも株式投資なんて受け付けません。

 

株式投資を始めるには、まずはギャンブル嫌いというかギャンブルへの偏見みたいなものを取り除くことから始めなければいけません。

 

 

株式投資はギャンブル

将来の株価が上がるか下がるかを“確実”に予測することはできません。 

私たちは、株価が上がる(下がる)と予想して、株を買い(売り)ます。

これは将来を予想して、その可能性に賭けています。

不確実なものに賭けているという意味で、株は立派なギャンブルだと思います。

 

「株の短期売買は確かにギャンブルかもしれないが、長期投資はギャンブルじゃない」と言う人もいるかもしれませんが、これは単にリスクの取り方が違うだけだと思います。

長期投資だって絶対儲かるわけではなく、運要素はありますので。

 

そもそも「ギャンブル=悪」と思っている人は多いかもしれませんが、ギャンブルってルールがちゃんと決まっていて、公平であるなら別にいかがわしいものではないと思いますよ。

ギャンブル嫌いの人は、不正をはたらいて儲ける人がいたりするから、なんとなく胡散臭いと思っているのではないでしょうか。

 

まあ、偶然で物事が決まること自体に嫌悪感を感じている人はどうしようもありませんが…

ただ、偶然で物事が決まるという意味では、人生もギャンブルみたいなものなので、そこを否定すると人生も否定することになりますけどね。

 

ちなみに、「株はギャンブル」と言っても、宝くじのような運要素が全てのギャンブルではありません。

やり方によって、自分でリスクをコントロールできるので、どちらかというとパチンコや麻雀のような技術介入度合の高い(?)ギャンブルに近いと思います。

パチンコは詳しく知りませんが、麻雀は確率的に有利な戦法を取れば、長期的には良い成績を出せることが知られています。

 

 

株式市場は複雑系

宝くじやパチンコ、麻雀のような簡単なゲームでは、確率的に未来を予測することができます。

確率的に予測できるということは、「期待値の高い手法」が存在するので、これにより有利にゲームを進めることができます。(宝くじでは不可能ですが…)

 

しかし、株式市場は人々の思惑が相互に干渉しあう「複雑系」なので、確率的に未来を予測することもできません。

したがって、株式投資で期待値の高い「絶対的に有利」な手法というのは存在しません。

 

もう少し身近な複雑系の現象として、気象現象や地震の発生などが挙げられます。

台風の発生や巨大地震の発生を予測することは原理的に不可能なのと同じように、株価が暴騰・暴落するのを予測するのも原理的に不可能です。

 

このように株価の予測は不可能と割り切った人が行きつくのがインデックス投資なのです。

 

 

おわりに

株式投資はギャンブルです。

したがって、投資をしたことがない人に「株ってギャンブルじゃん」と言われたら、「おっしゃる通りです」と返答するしかありません。

 

下手に説得しようとしても理解されずに疲れるだけなので、そっとしておきましょう。