The Full Investment

株の配当金でセミリタイア生活がしたいのです…

【書籍】『幸福の資本論』

橘玲著『幸福の資本論』の中で紹介されていた、「3つの資本」と「8つの人生パターン」が面白かったので紹介したいと思います。

 

 

本書では、人生を支える資本(資産)は以下の3つだとしています。

 

 金融資産・・・経済的自由が得られる

 人的資本・・・仕事を通じて自己実現できる

社会資本・・・友達や恋人、家族といった共同体=絆から愛情や友情を得る

 

これら3つの資本のどれを持っているかで、人生が以下の8パターンに分類されます。

 

  1. 3つ全て持っている:「超充」・・・金持ちで、仕事も充実、友達も多い。(こんな人いるのか?)
  2. 金融資産+人的資本:「お金持ち」・・・金持ちは友達が少ない。(金融資産と社会資本の両立は難しい)
  3. 人的資本+社会資本:「リア充・・・高収入かつ友達、恋人に恵まれる。
  4. 金融資産+社会資本:「旦那」・・・金をばら撒いて(社会に還元して)みんなから慕われる。
  5. 金融資産のみ:「退職者」・・・定年退職して、年金暮らしをしているような人たち。会社を辞めるとそれまでの人間関係も解消される。
  6. 人的資本のみ:「ソロ充」・・・友達や恋人はいない。稼いだお金は自分のためだけに使う。
  7. 社会資本のみ:「プア充」・・・「マイルドヤンキー」と言われるような人たち。友達同士で協力し合って生活している。
  8. いずれも持っていない:「貧困」・・・例えば『最貧困女子』(幻冬舎新書)に出てくるような人たち。悲しい。

 

上記を見ると、資本を2つ持っていればそれなりに幸せと言えそうです。

また、資本を1つしか持っていないと、貧困に陥るリスクが高まります。

例えば、マイルドヤンキーが友達からハブられたら人生終了です。

 

 

作中では、昨今の低金利では金融資産の価値が相対的に減少しているので、人的資本を高めることが推奨されています。

要は働けということです。

もちろんやりたくない仕事を続けるのは地獄なので、好きなことを生涯に渡って仕事にするのが最も良いと述べられています。

まあ、そんなことは誰にもできることではないので、できない人はお金のためと割り切ってできる仕事をして、人的資本を高めるのをあきらめたほうがいいかもしれませんね。

 

 

また、人にとって一番の「幸福」をもたらしてくれるのは社会資本だと述べられています。

確かに、仲の良い友人や家族に囲まれたら幸せです。

しかし、大きな「不幸」をもたらすのも社会資本です。

友人や家族と不仲になれば、それはすごいストレスですから。

 

また、金融資産と社会資本の両立は難しいとされています。

これは、お金が介在すると友情関係が簡単に崩壊することからも分かります。

お金持ちは、金目当てでやってくる人を避けたいがために、社会資本を放棄しているのです。

 

ということで、幸福になるための現実的な方法としては、金融資産と人的資本は最大限に生かし、社会資本は最小限にとどめる(家族や恋人以外は知り合い程度にとどめる)のが最適と結論付けられています。 

 

 

ちなみに、私自身は8パターンのうちどれに当てはまるか考えみました。

 

金融資産は同年代と比べたら持っている方かもしれませんが、経済的自由からはまだ遠いので、あると言っていいのか微妙です。

 

人的資本については、私はフリーターなのであまりないです。

 

社会資本については、私は人付き合いが苦手なのでほぼ0です。

 

...あれ、もしかして私って「貧困」?

 

まあ一応働いて生活に必要なお金くらいは稼いでますし、投資もやっているので、強いて言うなら「ソロ充」と「退職者」の間くらいでしょうか。

 

セミリタイア志向の人間は、これでいいのかもしれませんね…