The Full Investment

株の配当金でセミリタイア生活がしたいのです…

長期的には円高か円安か

スポンサーリンク

私は専門家でも何でもないので、為替の予想なんかしたところで大して意味もないのですが、少しだけ為替の話をしようと思います。

 

zuuonline.com

 

実は今は40年ぶりの「超円安」状態です。

 

下のグラフは、1973年~2016年までの円の実質実効レートと対ドル相場を表しています。

 

f:id:tsubuinvestment:20170724105555p:plain

出典:日本経済新聞社

 

実質実効レートは物価上昇率を考慮したレートなのですが、上のグラフを見ると円の実質的な価値は約40年前の1973年(1ドル=300円くらい)レベルにまで下落しています。

 

日本はずっとデフレでしたが、それにもかかわらず90年以降では対ドル相場はほとんど横ばいになっています。

したがって、デフレで物価が上昇しなかった分、円の実質的な価値が下落したということです。

 

2010年あたりの民主党政権時代では1ドル=80円くらいになり、かなり円高に振れたように感じましたが、このときの実効実質レートは過去40年の平均的な水準でした。

ということは、実はこれくらいの為替レートが「適切」であり、今の為替レートは円安に振れ過ぎていて「歪み」がある状態とも言えます。

 

購買力平価説によると、デフレで物価が上がらないなら通貨は高くなるはずです。

したがって、現在の歪みが解消されるには円高になるか、もしくはインフレになるしかありません。

 

ただ、日本のインフレ率が将来的に他国を上回る気配は残念ながら感じられないので(下図参照)、やっぱり長期的には円高になるんじゃないかなあという気がしています。

 

 f:id:tsubuinvestment:20170724104401p:plain

出典:世界経済のネタ帳

 

もし今後日本がインフレになるとしたら、それは財政破綻して国債が暴落するという、もはや「まともな状態」ではなくなったときじゃないですかね…