The Full Investment

株の配当金でセミリタイア生活がしたいのです…

「投資=デイトレード」と思っている人が多いのはなぜか

スポンサーリンク

たまに私が投資をしていることを他人に話すことがあります。

そういうとき、ほとんどの人は「一日中パソコンに張り付いてカチカチやってんすか(笑)」という反応をします。

 

そういう反応をした時点で私は察するので、「まあそういう人もいますねぇ…」と適当にお茶を濁して話を終えます。

 

ほんと他人に投資の話なんてするもんじゃないです。

何もいいことがありません。

 

なぜ投資と聞くとデイトレード的なことを連想する人が多いのですかね?

やっぱりメディアで取り上げられる「株式投資で成功した人」にデイトレーダーが多いからでしょうか。

私はインデックス投資から入った口なので、この辺はよく分からないんですよね。

 

 

ところで以前、東京証券取引所に見学に行ったとき、株式投資の体験ができるゲーム的なものをやりました。

架空の会社の株を売買して利益を上げるといった感じの内容ですが、乱高下する株を良きタイミングで買って、良きタイミングで売るという、投機的な短期売買をさせられます。

 

f:id:tsubuinvestment:20170727103755j:plain

 東証Arrowsにて撮影

 

施設内には社会見学で来ていた中学生もいましたが、中学生がこれをやると「株ってスロットの目押しと同じやんけ」と思うだけなんじゃないでしょうか。

 

東証ですらこんな感じですから、「投資=デイトレード」というイメージが消えることはまだなさそうですね。