The Full Investment

株の配当金でセミリタイア生活がしたいのです…

米国食品医薬品局 (FDA)がニコチン規制?

www.fda.gov

 

www.bloomberg.co.jp

 

28日、米国食品医薬品局 (FDA)がたばこのニコチンの含有量規制を検討していることが分かりました。

これを受けてたばこ株は急落、特に直接関係してくるアルトリア・グループ(MO)は大幅下落しました。

私もたばこ株にはそれなりに投資しているので、結構な痛手ですよこれは…

 

どうもニコチン含有量を中毒性がない水準まで引き下げようと考えているようですが、そもそも中毒性のないたばこって存在価値あるんですかね…?

お酒に含まれるアルコールや、甘いお菓子に含まれる砂糖だって、中毒性があるから需要があるわけで。

 

それに、何事も規制しまくればいいってもんではないと思うんですよ。

もし「中毒性のないたばこ」しか規制によって売れなくなってしまった場合、「中毒性のあるたばこ」は消滅せずに裏で密売とかされますよ。

アルトリアがやっていけないレベルの規制になった場合は、たばこは今の麻薬のような存在になり、反社会組織の収入源を増やすだけになります。

規制強化が治安の悪化に繋がることもあるのです。

 

FDAさんにはとにかく厳しい規制を課すのではく、どうすることが社会にとっていいことなのかを考えた上で進めてほしいですね。

  

とまあ以上、たばこ株保有者のポジショントークでした。

 

ただこういったリスクがあるからこそ、過去たばこ株のリターンが良かったことは否めませんけどね。