The Full Investment

株の配当金でセミリタイア生活がしたいのです…

貧乏人御用達の三大クレジットカード

世の中にはたくさんの種類のクレジットカードがありますが、私がおすすめする主に貧乏人向けのカードを紹介します。

選定基準としては、年会費無料、ポイント還元率1%以上、ポイントの使いやすさです。

 

楽天カード 

 

ポイント還元率1%(楽天スーパーポイント

 

THE定番です。

ポイント還元率は普通ですが、ポイントの使いやすさが素晴らしいです。

 

楽天スーパーポイントはネット通販で使えるのに加えて、電子マネー楽天Edyにチャージして普段の買い物にも使えます。

最近はマクドナルドでも使えるようになりました。

あと1ポイント単位で使えるのがいいです。

 

ちなみに楽天カードJCBブランドは、nanacoへのチャージでポイントがたまる数少ないカードの1つです。

楽天スーパーポイントnanacoポイントの二重取りができます。

 

 

リクルートカード

recruit-card.jp

 

ポイント還元率1.2%(リクルートポイント)

 

年会費完全無料で還元率1.2%というのは魅力的です。

ただ、リクルートポイントがリクルート系列のサービスでしか使えないので、ポイントの使いやすさはいまいちです。

 

現在はリクルートポイントをPontaポイントに変換できるようになっているので、使いやすさはやや向上しています。

ポイントも1ポイント単位で変換できるのがいいです。

 

リクルートカードもnanacoにチャージすることでポイントがたまりますので、ポイントの二重取りが可能です。

 

 

イオンカード

 

ポイント還元率0.5%(ときめきポイント)

※ただしイオンでの利用時は1%

 

イオンでよく買い物するなら持っていてもいいのではないでしょうか。

 

イオンでの会計時にカードを提示すると、WAON POINTがたまります。(還元率0.5%)

クレジットカードの利用でたまるのはときめきポイントですが、はっきり言ってWAON POINTのほうが有用です。

 

ときめきポイントはWAON POINTに変換できますが、1000ポイント以上500ポイント単位でしかできません。

WAON POINTは1ポイント単位で買い物に使えますし、電子マネーWAONにもチャージできます。

 

注意しないといけないのは、会計時にイオンカードで決済するとときめきポイントしかたまらない点です。

そこで、イオンカードを提示し、決済は他社カードを使うことで、WAON POINTと他社カードのポイントを二重取りできます。

 

まあ、これだとイオンカードはただのポイントカード扱いですけどね。

  

 

おわりに

貧乏人向けということなので、カードをあまり使わなくても無条件で年会費無料、ポイントも大してたまらないだろうから1ポイント単位で使えて、それでいてポイント還元率もそこそこという基準で選びました。

 

もっと高還元率のカードもあるのですが、高還元率カードは改悪されやすいのと、年会費も発生したりして、利用額の少ない貧乏人はそこまで得ではないかなと思います。

 

それよりも年会費が発生しない還元率そこそこのカードで、ポイント二重取りを駆使するほうが、改悪の心配もなく確実に得します。

 

ということで良きクレジットカードライフを。