The Full Investment

株の配当金でセミリタイア生活がしたいのです…

競争したくない

 

style.nikkei.com

 

 

上の記事は1年以上前のものですが、ZOZOTOWNで有名なスタートトゥデイ社長の前澤友作氏のインタビュー記事です。

その中で、前澤氏がサラリーマンになりたくなかった理由について語っている部分に共感したので引用します。

 

とにかく、みんなと同じレールに乗って生きていくのが嫌でしかたがなかったんです。その先には、無限の競争が待っているような気がしてならなかった。

 

 

私は前澤氏がどういう人物か全然知りませんが、この発言についてはその通りだなと思います。

 

人と同じことをするのって楽そうな気がするんですが、 実は常に競争に晒されることになるんですよね。

本人は競争しているつもりはなくても、周りは常にあなたと他の人を比較して評価しています。

そして、その評価によってあなたへの待遇や接し方などが決まります。

 

じゃあ、頑張って競争を勝ち抜けばいいじゃんと思うかもしれませんが、みんなと同じことをするってことは、無数の相手と競争することです。

そうなると、どうしても少数の勝者と大多数の敗者に分かれてしまいます。

それなりの能力がなければ、努力したところで敗者の内の1人になる可能性が高いです。

勝者になれる見込みがなければ、まさしく「無限の競争」をして常に敗者側にいることになってしまいます。

 

前澤氏のように大成功できなくても、生活水準を下げてでも競争の少ないところでやっていくほうが幸せなんじゃないかなと個人的には思いますね。

そのほうが自分でいろいろとコントロールできますし、なによりストレスが少ないです。

 

ただ、周りと違うことをするには、自分で考えて行動する必要があります。

世の中にはこれが嫌いな人がたくさんいるようです。

「自由からの逃走」ってやつでしょうか。

 

***

 

話は変わりますが、前澤氏って紗栄子と破局したんですね。

私は芸能ニュースにはあまり興味がないので、最近知りました。

結婚はしていないので「離婚」ではなく単に「破局」で、またそれに伴う金銭のやり取りはないそうです。

 

これは何というか、うまく結婚のデメリットを回避してるなあと感じました。

狙ってやってるのかは知りませんが。

まあ、紗栄子みたいな人と結婚するとひどい目に遭うというのは、ダルビッシュさんが実証してくれてますし、最初から結婚するという選択肢はなかったのかもしれません。

 

 

関連記事

www.tsubuinvestment.com