The Full Investment

株の配当金でセミリタイア生活がしたいのです…

日本は技術者の地位が低いと言われますが

business.nikkeibp.co.jp

 

日本では技術者の地位が低いと言われています。

確かに海外企業と比べると、日本企業の技術者の収入は低いです。

 

その理由としては、日本の経営者が無能(技術面のことを分かっていない)だというのをよく聞きますが、私は日本の雇用制度にも要因があると思うんですよね。

 

以下は私の想像も少し入っているので、軽く聞き流すくらいにしてください。

 

***

 

海外企業、特にGoogleやFacebookなどのシリコンバレーの企業における技術者の収入が無茶苦茶高いのは、単純に世界中から天才を集めようとしてるからだと思うんですよ。

これらの企業は、天才を自分のところで囲い込めば他社よりも優位に立てると考えているので、報酬の額も他社と競うように上がっていくのは当然です。

 

対して、日本企業は日本人技術者を優先して採用する傾向があります。

世界中から人材を集める海外企業と、日本だけから人材を集める日本企業では、どうしても技術者のレベルに差が出てしまいます。

 

この技術者のレベル差というハンデを持ちながらも、日本企業が競争力を保つためには、人件費というコストを下げるしかないと思うのです。

他社と競うように報酬を下げ、低い報酬を正当化できれば勝ちです。

日本にも優秀な技術者はいますが、彼らは全体のレベルが低いがゆえに報酬を下げられ、過小評価されてしまうのです。

 

では、日本企業が海外企業のように世界中から技術者を集めだすとどうなるかというと、当然競争が激しくなり、一部の優秀な技術者しか生き残れなくなり、格差が広がることになります。

実際、並みの技術者がシリコンバレーに行っても、まず採用されないそうです。

今まで日本の雇用制度のおかげでやっていけた無能な技術者は、職を失うことになります。

 

 

日本企業も海外企業のような雇用の仕方をすればいいのかどうかは、私にはよく分かりません。

ただ、やっぱり海外企業の雇用の仕方が「グローバルスタンダード」であることに変わりはなく、日本企業もそれに追従していかざるを得ないと思うんですよね。

そうなると、これからはどんどん無能な人が暮らしにくい世の中になるんだろうな…