The Full Investment

株の配当金でセミリタイア生活がしたいのです…

お金を貯めて仕事を辞めたいと思うなら年間支出100万円を目指すべし

仕事を辞めてセミリタイア生活をするには、まずはお金を貯める必要があります。

資産を運用して収入を得ることを最初に考えがちですが、運用する資産を作ることがまず先です。

 

お金を貯めるには、収入を増やすか支出を減らす必要があります。

高収入が得られそうな職に就いているなら、収入を増やす方向に努力するのがいいと思いますが、ほとんどに人は安い給料で働いており、収入増も見込めません。

したがって、お金を貯めるには必然的に節約をして、支出を減らす方向に努力する必要があります。

 

節約の仕方はいろいろありますが、私は本気で仕事を辞めたいなら本気の節約をするべきなんじゃないかと思うのです。

本気の節約と言っても、健康を害したり不便な思いをしたりといった極端なものではないです。

節約の基本原則は不要なものを買わないことです。 

問題なく暮らせる最低限の支出に抑えるということです。

 

そして私が思う最低限の支出は、年間100万円です。(一人暮らしの場合)

月々の支出で言うと、

 

  • 家賃、光熱費、通信費等の固定費:5万円
  • 食費その他:3万円

 

以上計8万円で、これが1年(12か月)になると合計96万円です。

あとは誤差で大体年間100万円程度になります。

支出の内訳は人によって違うかもしれませんが、月約8万円、年間約100万円のというのは、ギリギリ可能だと思っています。

 

もし手取りで300万円の収入があるなら、これで年間200万円の貯金ができます。

そしてこの200万円を投資に回せば、10年で元本2000万円+運用益になり、セミリタイアが現実的になってきます。

それに普段から節約に慣れていると、セミリタイアのハードルが格段に下がります。

 

年間100万円で暮らすとか絶対無理と思ったのなら、たぶんあなたの仕事を辞めたいという気持ちはその程度なんだと思います。

なんだかんだ今の消費生活がいいと思っているのではないでしょうか。

 

また、そんな節約ばかりしているとやりたいことができないじゃないかと批判する人もいるかもしれませんが、私からしたらそれは優先順位が違うんですよ。

私の最優先事項はやりたくないことをやらない(働かない)ことで、やりたいことはその後に考えればいいんです。

 

もちろん、やりたいことをまず優先することを否定するつもりはありません。

働いてお金を稼いでいれば、いろいろなことができるようになります。

ただ、それをやる時間があればの話ですけどね。